すべての本番は練習として。 練習できたら、それが本番になる。~楽しむ×不完全~

ニュージーランド北島のタウポという町にいます。

 

3日前にニュージーランドで初めてyoutube動画をアップしました。
動画内で「ニュージーに来て、環境を変えたことはよかった。」と感じてる理由をひたすら話しました。なんと50分!長すぎですねw


ニュージーランドに来てまだ3週間ほどしか経ってないんですけどね。
①人との出会い②言語(ことば)
③自然④自転車旅
の4つにものすごく魅力を感じています。

youtu.be

これまでyoutubeに4本の動画をアップしました。
動画は一発撮りの未編集だし、まだまだ話し方も、しどろもどろ。
4本の動画を上げる中できづいたことを書きだします。

 

①友達・尊敬していた人が応援してくれる。
youtubeに動画をアップするのはぼくにとってハードルの高いものでした。でも、これまでいろんなユーチューバーに勇気づけられたり影響を与えてもらったので、
以前からyoutubeに挑戦したいと思っていました。いざyoutubeでこれまでのこと・これからのことを話した動画を投稿してみると、
自分の行動を応援してくれる人が連絡してくれたり、尊敬している人から久しぶりに連絡が来て「楽しみながらおもいきりやろう!笑顔大事にしてたらどこでもやっていけるぞ!」とか言ってくれるわけです。
本音で行動していると、必ず誰かが見てくれるんですよね。応援してくれる人はぼくに連絡してくれて直接「応援してるぞ」って言ってくれます。

 

②動画をとると、表情・話し方に気づきがある。
動画をとると、アウトプットすると、たくさんの気づきが得るチャンスでいっぱいです。。
「もっと動画の先のみんなと目を合わせよう(話すときは、画面を見て話していたほうが堂々としているように見える)」とか
「せっかく楽しいこと知るんだから楽しそうに伝えよう」とか「この動画には、その話は不必要だな」とか
「その話には、具体例を話してイメージしてもらいやすいようにしよう」とか自然と気づけたりします。

 

③まずは「じぶんのため」に。ブログも、Youtubeも。
「いいyoutubeチャンネルにしなきゃ!」「いい動画とらなきゃ!」って思ったりする気持ちはわかりますが、
それで辛いだけなら、ただの苦行。自由な身なのにブラック企業で働いているみたいになっちゃいます。
そもそもブログもYoutubeも活動報告。日記なわけです。
だから、今日あったこと(経験)・そこから気づいたこと(考え)を文章や動画でまとめて、それをゆるーく発信するだけで
自分の得られた学びが整理できるわけです。だから、ブログもYoutubeもまずは「じぶんのため」にやってみることですね。

 

④「どうも、はだまらです!」という2秒間スタート。そこから意外と話せる。
ブログも、「とりあえず1行」書いてみる。

youtubeも、「どうも!はだまらです!」挨拶してみる。
そこから意外と書きたいことや話したいことが浮かんだりします。
その2秒間スタートを習慣化するだけでアウトプット習慣ができるかもしれませんね。そうに違いない!

 

不完全だけど、楽しいよ。本番は練習のように。
わかりやすくておもしろい文章や動画は発信できてないかもですが、楽しいです。
これだけは間違いないです。ベテランの野球選手やサッカー選手ほど野球やサッカーを続ける理由を
「好きだから」「楽しいから」と言ってたりします。好きで楽しいからやってみて、そこに気づきがあって、ポジティブな仲間が集まって、あくまでじぶんのためで、楽しい。
その楽しんでる姿を見て、周りが喜んでくれたりする。最高ですね。

すべての本番は練習のごとく。楽しく!

さあ、今日も楽しく!