ミニマリスト佐々木典士さんが、著書の中で「ニートはエラい!」と言ってるよ!


f:id:potatorunning:20181212224241j:image

ミニマリスト佐々木典士さんの"ぼくたちは習慣でできている"の読みながら、会社で働きたくない、ニート基質のある僕なりにポジティブに考えてみました、、!!

 

ーーーーーーーーーーーー

 

今日はみかん農家から1日オフのおやすみをいただいておりました。

NZからワーキングホリデービザをもらえるように、指定された大阪の病院で健康診断を受ける必要があったためです。


f:id:potatorunning:20181212224836j:image

片道2時間かけて新大阪まで行ってました。

「せっかく都会に出たのだから」と、大好きな二郎系ラーメンを食べてきました。


f:id:potatorunning:20181212225224j:image

まじで美味すぎるよ、、、

 

ーーーーーーーーーーーー

本題に入ります。

今日はミニマリスト佐々木さんの習慣についての本を読んでました。f:id:potatorunning:20181212224241j:image

本の中で「人は目の前の報酬を欲しがってる」という話がでてきます。

ダイエットを続けていれば異性にモテる体になれるのに、ついつい甘いものや脂っこいものを食べちゃったり、

口の中をキレイに保っていればいつまでも丈夫な歯を持てるのに、めんどくさいからと歯みがきや定期的に歯科検診しない「楽さ」を優先するという話です。

 

これらの例を「就職」においてポジティブに考えてみます、ニート基質のある僕が。

 

大学や高校の卒業が近づくとみんな就職活動を始めます。なぜ就職活動するのでしょうか?「人生のレールから外れたくない」「就職しないと年金、保険料を納められない」「モテたい」「安定した収入がほしい」「親を安心させたい」そんなところでしょう。

つまり、みんな「目先の"安心感"が欲しい」んですね。

一方、ぼくたちニート・引きこもり・隠居界隈の人間はどうでしょうか。

「目先の安心感」なんてのには目もくれず、「まず"生きるのに必要な最低限のお金はどれくらいなのか"を把握する」「パソコン1つでできる仕事や短期の仕事をするだけで生きられるのか試してみる」といったところです。

目の前の甘い誘惑を断ち切り、ストイックに生きているのはぼくたちニート界隈じゃないですか。

 

与沢翼さんも「実家暮らしのニート生活」を推奨していますし。

https://sakamobi.com/news/yozawa-jikan

一旦ニートであることに自信をもっていい!