「ひたすら何もしない。」は大事だ。

 

f:id:potatorunning:20181020065730p:plain

今日は10月19日。いまは22時47分。最高気温23℃最低気温15℃。窓を開けると秋の夜風が涼しくて、気持ちがいい。

10月2日に札幌から和歌山に帰ってきて、今日で18日目だ。8日目から15日目までの1週間は四国あたりをぶらぶらしていた。

9月までの札幌での殺伐とした気分はどこへやら、気づけばだいぶ心が休まった。休むなかで、頭の中の点と点がつながったりする。忙しい日常で自分のペースがわからなくなりがちな人にはゆっくりと休んでほしいと切に願う。

 

僕はいま修士課程の3年目。4月から休学している。

休学をしはじめたとき、「自分は会社に就職なんてしねえ!」「好きなことで食べていく時代だ!」みたいなことを考えていた。でもそれと同時に「学科やサークルの同期は大企業に就職していった」「後輩たちも大企業に内定が決まった」なんてことに焦りも抱いていた。旅が好きだからゲストハウスでアルバイトしはじめた。

 

4月は大原扁理さんのように生きたいと思っていて、

5月はプロ奢やるってぃのようにクラファンで生きていきたいと考えていた。

そして大好きなマラソンでどこまでも走りたいとも。

北海道に登山しにきてくれたお客さんや日本を旅している外国人と話しているときは楽しかった。

6月あたりからだろうか。休学しているのに、お金のためにアルバイトしている状態になってきて、徐々に社畜脳が作られてきた。

それでも、ワールドカップをゲストハウスでお客さんと見たりするのはすごく楽しかった。

6月24日にはサロマ湖100㎞ウルトラマラソンに出場した。

60㎞でリタイヤした。膝周りの関節や筋を完全に痛めた。

サロマに一緒に行った友達と後輩はそれぞれ社会人であり、内定者だった。

じぶんはどこか焦っていた。

7月に入った。サロマで免疫が下がってしまい、風邪を引いた。

周りからの勧めで海外インターンに興味があった。

メキシコかアメリカでインターンしながら現地にいればお金を稼ぎながら旅ができる、と考えていた。

でもインターンするにもお金が必要だな。お金を貯めるために働きたくはないな。

膝が痛い。アルバイトとお金のことで、走りたいという余裕も少なくなっていた。

7月22日に北オホーツク100㎞マラソンに出場した。

5㎞地点で膝が痛い、、でも天気がすごくよかったのを覚えている。

f:id:potatorunning:20181020072851p:plain

ラソン大会の会場まで行くとき、ヒッチハイクをしているとき、

「いつまでも働かずにヒッチハイクをしていてはだめなのではないか」と

ずっと考えていたのを覚えている。1台目で乗せてくれた板金工事屋のおっちゃんが「北大出てゲストハウスで働いていてはいけない」「ちゃんと働かないと親は怒っているだろう」というのが、自分でも気にしていたのか耳に残ってしまった。自分も心のどこかで気にしていたことを、社会に染められた大人に怒られたくらいで、弱っていたのだ。