最近ブログは書いていなかったんだけど、普段から頭の中では思考がぐるぐるしていて「ああもういやだな」となっていることが多いので、「まてよ、このぐるぐるとした思考を言葉にしてブログに載せればいいじゃないか」と思った。

 

 

文章を書けるようになるには

ぼくは文章を書くのが得意ではありません。文章を書こうとすると、なんだかそわそわしてしまうことが多いです。何を書けばいいのか、わからなくなってしまうのです。

別に生きていくうえで文章をうまくならなければいけないという決まりや義務はありません。ですが、文章が書けないことによって、損をすることはあると思います。

研究論文をかいたり、就職活動のエントリーシートで自己PR文章を書いたりするときに、文章力に自信があれば、もっと楽なのになぁと思います。

 

どうすれば、文章を書けるようになるのでしょうか。

やる気が出ないんだけど、そもそもというものは存在しないらしく、実際にやりだすまで「やる気」にはならないみたいだ。

 

昨日は臨床心理学の先生に会うために

 

現実で落としどころ

朝起きたらまず始めにストレッチを習慣にしたい。どの部位のストレッチかと言うと「脚」だ。 もっと具体的に言うと「股関節」「おしりから太もも部分の筋肉および神経」だ。

カウンセリングのセッション内で話したい内容すべてを、メールで文章にして送ろうとして、文章にしてみると、頭のなかで考えていたことを整理することができ、自分の考えを客観的な視点で見ながら整理することができた。

判断基準があると、決めやすい。

決めることが難しいと感じている。

これからどうしたいかである。

判断基準があると、決めやすくなるかも。

 

何を決めたいのか。

今後どうしたいかである。

「お金が欲しい」という欲求がある。

 

吟味する時間が、とれない。

吟味するには、明確な判断基準が必要なのだ。

ひとつのテーマに焦点を当てよう~『聞き流す力が、あるといいなあ』と思った。~

いつもブログを書くとき、ぼくはタイトルを決めないまま書き始める。

今日は『聞き流す力があるといいなあ』というテーマでブログを書くと決めた。

「タイトルをはじめに決めなきゃいけない」というルールは、もちろんない。

だけど今日はこのテーマに焦点をあてて文章を書く。

ぼくは普段の生活においても、いつのまにか優先順位がわからなくなって、「あれ、いまなにしようとするためにこれに取り組んでいるんだ??」となることが多い(バカかっ!)。

取り組んでいることにはなにかしらの目的があるはずなのに、目的を忘れて、取り組んでしまいがちなのだ。ブログを書くときもそうだ。タイトルを決めずだらだら書くだけでも、自分の頭が整理されることもあるが、それだとじっくり考える話題がいくつも出てきてしまい、その話題ひとつひとつをじっくり考えられない。

というわけで、今日はこの記事のテーマを最初に決めた。

ーーーーーーーーーーーーー

 

「聞き流す力が、あるといいなあ」と思う。

というのも、ぼくは身の回りのひとがだれかの悪口を言っていたり、あるいは僕に対してネガティブな意見や「こうしてはいけないよ」などと口出しされたときにイライラすることが多い。

 

ーーーーーーーーーーーーー

↑ここまで文章を書いて、ものすごく疲れた。

理想では、テーマに沿ってもっと文章を書きたいのだけど。

 この文章を書くのにかけた時間は50分くらい。文章を書くのには、体力がいるなあ。

英語の歌、断捨離、早起き。

おはようございます。ただいま、朝の5時。

昨日より気温が下がった。スエットが暖かくて助かる。

 

音楽が好きだ。最近ハマっているのは洋楽だ。

カバーを聞くことが多い。歌詞が聞こえやすいからだ。

youtu.be

帰国してから取り組んでいることがある。「実家の掃除」だ。

ぼくの母さんはモノを捨てられない。ひとつひとつに思い出を感じるからだ。

f:id:potatorunning:20190427082621j:plain

実家のリビング

リビングは母さんの服や不要な郵便物とチラシでいっぱい。

とりあえず、要らないモノを全部捨てよう。“断捨離”だ。

家にある50%は捨てられそうなモノ気がしている。

ゴールデンウィークが終わるまでには終わらせよう。

 

早起きするだけで、一日の満足度が高い。

f:id:potatorunning:20190427084425j:plain

今日は昨日に比べて8℃くらい寒いらしいけど、天気がいいから問題はない。

春だなあ。

 

朝起きて、ブログを書いてる。日本酒を飲んだ。

早寝早起きが好きだ。今朝も6時に起きた。

f:id:potatorunning:20190426064937j:plain

Tauranga, New Zealand

(今週月曜日にNew Zealandから帰ってきた。滞在中に大学院に行って資格を取ろうと決めた。大学院に入るための受験勉強生活を始めた。受験生活は今日で4日目だ。)

 

朝起きてから2時間は"Golden Time"だ。Creativeな力を発揮できるらしい。一日のなかでもっとも集中して物事を取り組める。

 

脳科学者の茂木健一郎さん、精神科医の樺沢紫苑さん、ミニマリストの佐々木典士さんたちはこの時間をブログを書いているそうだ。

 

------------------

 

19.04.25

夜に駅で待ち合わせて、高校時代の友達と酒を飲んだ。

たまには受験勉強だけでなく人と会って話すことは大切だ。

これから月に1度はその友達とご飯に行こうという約束をした。

f:id:potatorunning:20190426065712j:plain

久しぶりのJapanese Sake

久しぶりに日本酒を熱燗で飲んだ。

日本酒は日本文化のひとつであり、外国人もよく知っている。

ぼくはNew ZealandでCraft Beerばかり飲んでいた。

だから日本酒を飲んだ時、いちばん「日本に帰ってきたんだなあ。」と感じた。